スマートゲイト2(日本育児・ベビーゲート)を購入・設置しました【レビュー・感想】

おすすめ商品
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは、育児奮闘中のとうふです。

今日は、ベビーゲートの中でも日本育児さんが販売していますベビーゲート【スマートゲイト2】正式表記は【スマートゲイトⅡ】を購入したので、実際に設置して、使用してみた感想をお伝えしようと思います。

スポンサーリンク

僕がベビーゲートを購入しようと思ったきっかけ

・娘が1歳を過ぎてから、ものすごく歩くようになったので、色々な場所に移動してしまい危険だと思ったため
・娘がキッチン周りにいると、キッチンから包丁などが落下する危険があり、ケガだけでは済まない可能性があると思ったため
・我が家では1箇所にベビーゲートを設置すれば、キッチンだけでなく、玄関・お風呂場などに行くことが出来ないため、1個購入するだけでだいぶ安全が確保できると思ったため

僕がベビーゲートを選んだ際のポイント

1.取り付け幅(間口の幅)、いわゆる本体のサイズが希望の幅と合っているか

2.取り付けの際に幅木に取り付けボルトが当たらないか

3.子供が簡単に開閉できないか

4.子供がベビーゲートにつまずかないか

5.ベビーゲートを開けっ放しにできるか

6.本体の色に違和感を感じないか

以上が僕がベビーゲートを選ぶ上で重要視したポイントです。

これらのポイントを踏まえた上で、数多く販売されているベビーゲートの中から、日本育児さんのベビーゲート【スマートゲイト2】を購入しました。

僕が日本育児さんのベビーゲート【スマートゲイト2】を選んだ理由

先程お伝えしたベビーゲートを選んだ時のポイントと照らし合わせて、確認していきます。

1.取り付け幅(間口の幅)、いわゆる本体のサイズ

【スマートゲイト2】は取り付け幅が67cm~91cm、ワイドパネルを使用すれば187cmまで、間口が幅広くても取り付けが可能となっていて、かなり幅広く使用できます。
 (正直、僕の家ではカウンターキッチンから壁までの幅が93cmあり、取り付け幅を決めているだけでだいぶ選択肢が狭まりましたf^_^;)
 そんなに広い家ではないのですが・・・・・

2.取り付けの際に幅木に取り付けボルトが当たらないか

【スマートゲイト2】は取り付け位置を2つ選択できるため、幅木によってできる段差を避けて設置が出来るようになっています。
ちなみに、幅木とはコレ(下の写真)のことです。(正直、調べるまでは幅木って何?状態でした)

3.子供が簡単に開閉できないか

【スマートゲイト2】はダブルロックが付いています。さらに、ロックを解錠したあとに、ゲートを少し持ち上げないとゲートが開けられないので、そう簡単に子供では開閉できない仕組みになっています。
 

4.子供がベビーゲートにつまずかないか

ベビーゲートによってはまたぐタイプのものも販売しています。ただ、我が家の場合、ゲートを設置する場所が一番使用する動線上に設置したので、子供が自分でもベビーゲートをまたげるようなものを探していました。【スマートゲイト2】はステップカバーがあり、娘がつまずくことを多少防げると思いました。

5.ベビーゲートを開けっ放しにできるか

先程お話しましたが、我が家ではカウンターキッチンの横?の箇所にベビーゲートを設置すると玄関やお風呂場・トイレにも行けません。
なので、娘が寝付いてから、毎回ベビーゲートを開け閉めするのは、地味に面倒です。なので、夜間は扉を開けたら開けっ放しにしたかったです。
 【スマートゲイト2】は扉解放機能がついていて、ゲートを90°以上開けると、開けっぱなしにできます。
この機能は、我が家には本当に助かります。

 

6.本体の色に違和感を感じないか

 【スマートゲイト2】はカラーバリエーションとしてブラウンとミルキーが販売されています。
 家の壁が白なので、なるべく白いベビーゲートを探していたので、ミルキーがあって良かったです。
 実際に購入したのもミルキーです。

【スマートゲイト2】を購入する前に生じた問題点

スマートゲイト2をワイドパネルを使用せずに取り付けようと思うと、取り付け幅は最大で91cm

我が家で取り付けようと思っている箇所の間口の幅が93cm

2cm足りない・・・・・・・・

そのままでは、確実に設置できません。

ワイドパネルのSサイズを1枚購入すれば、取り付け幅が91cm~115cmとなり、我が家に取り付けられます。
ただ、ワイドパネルのSサイズを購入しようと思ったら、想像以上に高かったのです^_^;
(Sサイズ1枚で税込¥4,980)

なので、すこし調べました。

そして、見つけたのがコチラの商品です。

ウォールセーバー

アップの写真

我が家というか、僕が今住んでいるのは賃貸住宅なので、できるだけキズや跡は付けたくなかったです。
もともとのベビーゲートの壁にかかる力を分散し、さらに厚みが1個約1.7cmあるので、両側に取り付ければ、3.4cm取り付け幅がプラスされます。

つまり、壁にキズを付けずに取り付け幅が約94cm(我が家に設置できる幅)にまで拡張できます。

僕にとってはホント願ったり叶ったりの商品です。

【スマートゲイト2】とセットで購入しました。

ベビーゲート ペットゲート つっぱり ウォールセーバー

かなり、しっかりとした作りになっていますよ!

取り付けるとこんな感じになります。

ピッタリとフィットしています!!

 

【スマートゲイト2】を実際に設置・使用してみた感想(レビュー)

【スマートゲイト2】の外箱

縦93cm×横66cm×厚み7cmの外箱に入っています。

外箱オモテ

外箱ウラ

家の近くにベビー用品店がないので、僕は色をミルキーに選択してAmazonで購入しました。

正直、実物を見てから購入したかったのですが、お店が近くにないため、仕方がなかったです・・・・・

【スマートゲイト2】の取り付け方

正直、全く難しくなかったです。

説明書通りにやれば、全く問題ないです。

ただ、先程紹介しました、ベビーゲートのウォールセーバーを取り付ける時、ウォールセーバーと本体の取り付けボルトを両面テープで固定しない場合、1人で作業をするとウォールセーバーがポロポロと落下してしまうため、2人がかりで設置した方が取り付け作業はラクです。
実際、僕は嫁ちゃんに少し本体を支えてもらいました。

取り付け作業は15分もかからないくらいで終わりました。

【スマートゲイト2】を使用して良かった点

●とにかく、僕がベビーゲートを選んだ時のポイントを全てクリアしていたので、ほぼ100点満点に近いです。
 
 ネットでは、ミルキーの色がホワイトではない、と低評価をつけている方がいましたが、そもそも白(ホワイト)だったら、白(ホワイト)って書くのでは?と思ってしまいました。
 ただ、確かに公式サイトでみると、本体フレームと付属の拡張フレームの色が同じに見えますね。
 (これは写真を撮り直した方が良いかと思います。)

 実際は、本体フレームの色がホワイトで拡張フレームの色がミルキー?というか薄いグレーのように見えるので、ミルキーという色ではないなと感じます。
 
 ただ、家の壁紙とそんなに違和感がないので、僕個人は満足ですが、家の壁紙が完全にホワイトという家の方だと、設置すると違和感があるのかな?とも思います。

【スマートゲイト2】を使用して悪かった点

●ゲートの閉まる音で娘が泣く(泣)
 
 【スマートゲイト2】はゲートが閉まる時に、オートアシスト機能といって、ある程度ゲートを開けた状態のまま手を離すと、ゲートが閉まる仕組みになっています。
 これは、個人的にとってもありがたい機能だと思っています。
 ただ、そっと手でゲートを閉めれば全く問題ないですがオートアシスト機能でゲートがしまると、「ガチャ!」っと音が鳴ります。
 当たり前のことなんですけど・・・・・f^_^;
 ただ、ウチの娘はその音に反応して、ゲートの中(リビング)に1人で取り残されると、1人で置いてかれた~と勘違いするのか「うえーん(泣)」と泣いてしまいます。
 なので、僕はゲートを閉めるときは、音が鳴らないようにそっと手でゲートを閉めています。
 (せっかくのオートアシスト機能が・・・・・)

 

●ステップカバーの坂の勾配?が意外に急

 なるべく娘がつまづかないようにと、ステップカバーのついている【スマートゲイト2】を購入したのですが、意外にカバーの坂の勾配?が急なため、娘がちょこちょこの頻度で引っかかってつまづいています。(ステップカバーがないよりは全然ましですけど)
 公式サイトでも、「軽減させます」と謳っているので、ゼロにするわけではないとは思っていましたが、もう少しカバーの勾配が緩やかなタイプもあれば良かったかな?って思っています。

 

●ウォールセーバーを使用しても、部屋の壁紙に少し跡がついてしまう

先程、ご紹介しましたウォールセーバーですが、ウォールセーバーなしだと、つっぱり棒のような状態で壁紙にかなりの圧力がかかってしまいます。そして、そこに力がかかりすぎて、壁紙が凹むことをかなり心配していました。(僕の家は賃貸住宅なので・・・)

その力を分散して、壁紙を傷つけないように、という目的も含めてウォールセーバーを取り付けたのですが、それでもウォールセーバーの形で少し、跡が残ってしまいました。

(ちなみに、2カ月ほど、スマートゲイト2を外していたら、壁紙の跡はキレイになくなりましたよ。)

なので、その対応策として、今はこんな感じにしています。

そうです。ウォールセーバーと壁紙の間に段ボールを挟みました。

こうすることによって、壁紙に今のところは跡が付いていません。(見栄えは少し悪いですが・・・・・)

まとめ

ウォールセーバーを使用しても、部屋の壁紙に少し跡がついてしまったこと以外は、正直、悪かった点がほとんど少なくて、とっても満足できる商品でした。

これからベビーゲートや【スマートゲイト2】を購入する方にとって少しでも参考になればいいなと思っています。

【日本育児】スマートゲイトII (ミルキー)をamazonで購入する方はコチラ

【日本育児】スマートゲイトII (ミルキー)を楽天で購入する方はコチラ

色はミルキーとブラウンがありますので、ご自宅の壁紙やインテリア等に合わせて、選んで頂くとよいかと思います。